アバター

2010年1月31日(日曜日)晴れ 手術後313日目


話題の映画「アバター」を奥さんと一緒に見て来ました
僕達お気に入りのTOHOシネマズはNETで座席予約が出来るので
このような超人気映画、祭日でもチケット売り場で並ぶ事なく
快適な映画鑑賞が出来ます

カール爺さんの空飛ぶ家に引き続きの3D映画
3D用の眼鏡がかなり汚れているのが気になるのですが、
潔癖症のボクの奥さんは除菌クリーナー・レンズクリーナー持参!
完璧な奥さんです

さて、映画の内容はといいますと
案の定、西部劇からの伝統的ハリウッド映画の定番パターン
以前どこかで必ず目にしているストーリー展開
最後の最後まで悪役がしぶとく付き纏い、
そして感動のハッピーエンドへと、、

まるで水戸黄門の様な判り易さでした

しかし、映像は予想を遥かに超えた美しさ、凄まじさ、仰天、感動の連続
ストーリー抜きにしてこれだけでも見る価値は充分にあります
一体いくらお金をかけているのでしょうかぁ、、、

全世界で大ヒットしているそうですが、それに伴い色々な論評、批判も賑います
中国では上映制限、 米軍関係者からはアフガニスタンへの軍事政策批判と
解釈されたり、キリスト教界では汎神論を煽る内容だとの警告が出されたりと、、、

先住民の自然、命、生き物に対する考え方を見下して
破壊、抹殺して行く地球人達の凶暴さは
資本主義を掲げ、自分達の信じる宗教、科学、価値観を押し付けて近代化を
勧めてきた西洋諸国の歴史と似ているなあ
映画の後、奥さんとラーメンを食べながら映画の感想論議を、、

今日の映画は言うなればゴージャスなフランス料理のフルコース、
いやあ満腹、満腹といった感じでしたので
今度はあっさりとした邦画を見たいなあ、、という処で共感

           FINE

愛猫1号

2010年1月26日(火曜日)晴れ 手術後308日目

我が家の愛猫ブランディーは、ここ数ヶ月食欲がすさまじく
今や7Kg越えのデブ猫に化けてしまいました

一昨年、捨て猫ケビンが家に来てから
ジェラシーからなのでしょうか「赤ちゃん帰り」状態が
始まっています

今晩も妻が寝ている膝に乗っかって、、、、甘えん坊

どうです、、、この巨体
その下で僕の奥さんはあまりの重さに喘いでおりました

小屋

2010年1月25日(月曜日)晴れ 手術後307日目


日毎に明るさを増す空の色に春を感じます

今日は定休日、
暫く遠ざかっていた作業小屋作りに取り掛かりました

工作室を持つ事は子供の頃からの夢でした

いつも好きな時に作業を中断、再開出来る工作台
簡単に道具を取り出せる工具ボード
気に入ったペンキが並んだ棚
そんな工作室がずっと欲しかった、、

昨年11月からのろのろと開始していた工作小屋製作が
本日ほぼ完了しました

夢がまた一つ実現しました それにしても2X4材というのは、僕の為にある様な材木です
安い、加工し易い、丈夫、どこにでも売っている、
2*4用のオプション金具が豊富 等々、、、いい点を挙げたらキリがありません 写真の様な工具ボードが欲しかった
1M四方のコンパネにビスを打ち込んだだけなのですが、
今まで工具箱に投げ入れられていた工具達が並び
、、いやあ 満足 満足

準備万端!いよいよコクピット製作再開!

そうです、ここはコクピット製作が目的の小屋
先ずはラダーペダル製作

ギタ^-遊び

2009年1月25日(月曜日)晴れ 手術後307日目

ここ半年、溜まっていたギターフレーズを音にしてみました
丁度、早春の陽がこぼれおちる午後
庭で飛び跳ねる小鳥達をイメージした曲です
まだまだ荒削りですが、初公開!
video

ケビンの泣き声が途中で入る処がご愛嬌ですっ、、、

肉体労働

1月24日(日曜日)晴れ 手術後306日目

昨年、丁度今頃ガンセンターに検査入院していました
検査の結果、、癌の広がり具合や悪性度は、、、
不安に怯える心を癒してくれたのは、
看護士さん達、先生のあたたかく、やわらかな言葉でした

言葉によって人は生きもするし、死ぬ

自分自身への戒めです
言葉一言一言をもっと磨くべし
人を励まし、慰める言葉を
もっと、もっと蓄えていよう

テレビのトーク番組でおなじみの場面
ディベートという言葉あそびゲームに熱中している
政治家、評論家のみなさん
言葉を相手を攻撃する武器として使い
大声で論破しても、つまらない勝ち負けの
優越感や悔しさが残るだけで、
言いたい事は心には届いて いませんよ

大きな声や言葉巧みさは雑音でしか無いですよ

今日は音響(PA)の仕事でした
栃木県文化センターのサブホールはシンプル、
こじんまりした とても使いやすい会場です
11年前に購入したこのミキサー
一度コンサート直前にヒューズがとんだトラブルがあったものの
それ以降は何のトラブルも無く良く働いてくれます
製造はアジアの某国なのでしょうが、商品企画、設計は
ドイツ人によるもので、実に使いやすい配慮がなされています
特記すべきは、各CH毎に入力信号に応じてLED輝度が変わる
インジケーターが配置されている事です

セッティング時間が無い場合、各CHチェックをこのLEDでやってしまいます
本当に助かります

アウターにはグラフィックイコライザー、リバーブ、コンプレッサーという
定番機器を用意しました、一番上は12CHサブミキサーです
これらの機材とも10年以上の永いつきあいになります
みんな手に馴染み、使い勝手のいい僕の愛器達です
本番前はいつも緊張、、

スピーカー、アンプを始めとして音響機材は兎に角重い、、、、
搬入、セッティング、撤収 と肉体労働が殆どのこの仕事
53歳の老体にはかなりきついのですが
仕事の後の奥さんと飲むワインの一杯はたまりません

零下

1月17日(日曜日)晴れ 手術後299日目

この一週間寒い日が続いています
何と日光ではマイナス12度を記録しました
早朝ウォーキングの際、玄関ドアが凍ってしまって
現場に踏み込む刑事の様に体当たりをしないと
開いてくれません   とほほ、、、

成田出張、那須出張と新年早々結構忙しく過ごしています
写真は早朝の成田、忙しく離発着している日の丸デザインのJAL機
心なしかエンジン音も元気が無さそう、あの日本を代表する
憧れの超一流企業が何故、、現在の日本を象徴している様です

橋本知事曰く、
「このままだと後5年、10年もすると日本は誰にも相手にされない国になる」

子供の頃、21世紀は薔薇色の未来が待っている筈でした
空にはアトムや鉄人28号が飛び交っている筈でした

どこで間違ってしまったのでしょうか
それともこれからに期待していいのでしょうか

毎日毎日を静かに丁寧に生きて行く、、
兎に角これに徹する事にしよう

でも寒い、、



カールじいさん

2009年1月5日(火曜日)晴れ 手術後287日目

今日で正月休みは終了!
奥さんを誘って前々から見たかったディズニー映画
「カールじいさんの空飛ぶ家」を見て来ました

子供の頃から、ずっとそうだったのですが
ディズニー映画は決して期待を裏切りません
そして、今回の作品も予想を遥かに超えた超素晴らしい作品でした

宮崎駿監督も評していますが、冒頭の回想シーンだけで涙が溢れます
画像の端々の細かな部分にも全く手抜きが無いのには驚きました。
果たして風船で家が飛ぶのか・・操縦は、航法は?
そんなつまらない愚問が消し飛んでしまうリアリティーと
細かな配慮がなされています

「わしにはもう時間が無いんじゃ」

「新しい冒険に出かけよう!」

新年に向けて、勇気を奮い立たせてくれた
心に残る名画です


2010年 1月3日(日曜日)晴れ 手術後285日目

みなさま明けましておめでとうございます

31日~2日の間、大晦日の大掃除、帰省、挨拶周り等
一通りの行事を済ませ、やっと自宅でのんびり正月を過ごしています

男体山おろしの寒風が吹くここ日光、
1カ月前から庭いじりは休止しています

おや、庭のハナミズキには沢山の固い蕾がついているぞ、、

次男の高校合格の際に植樹したのですが
以来、まともに開花した事がありません
彼の人生もホント、、大丈夫かなあ、、綱渡りの青春

今年の春はハナミズキには
沢山の花が咲きそうです

息子よ、、君もそろそろ花咲かせろよ、、頑張れ


穏やかなお正月、、 猫も日向ぼっこ

春よ来い 早く来い